大学入試といえばまず浮かぶのがセンター試験ではないでしょうか。
昔から国公立大学の第一関門としてセンター試験は入試に使われてきました。
しかし最近では、私立の大学でもセンター試験を利用する大学が増えてきており、今後もますます数は増えていくと思われます。

大学入試 センター試験

今まで利用していなかった私立大学がセンター試験を始めたのには幾つか理由が考えられます。
ひとつは、センター試験のメリットが広く認知されたからですね。
センター試験というのは、例年を通して出題の傾向が決まっている場合がほとんどです。
受験生側からすれば、対策を講じやすい試験だといえますね。

英語だと「語彙」「文法」「長文読解」など、最近では「リスニング」も項目として追加されています。
的をしぼり、的確な対策を行えば高得点が狙える試験だといえます。

満点を取るとなると難しいですが、得意教科にしぼれば不可能ではないでしょう。
まんべんなく勉強しなければいけないので、なかなか上手くはいかないと思いますが・・・。

オールジャンルをこなせるという受験生の学力を測る上で、使いやすい試験なのだと思います。

また他の理由としては、大学側が入試問題を作る手間が省けるという点にあります。
問題作成の手間を省くために、数年前から大学が予備校に依頼して問題を作ってもらう、というのが見られるようになりました。

しかしこれには、予備校ごとの傾向が出やすいことと、問題文が流出しても大学側で措置が打てない、というデメリットがあります。
そういった面を踏まえて、センター試験が採用されるようになってきたのだといえます。

自分は文系の私立志望だからセンター試験は関係ないと思っていると、痛い目にあうかもしれませんね。
私立でも理系を志望している人は、センター対策を早めに講じておく必要がありそうです。

次の回では、センター試験を採用している大学を見ていきたいと思います。
大学ごとに特色がはっきりした時代になり、各大学で求めている学生や学力が違ってきます。

志望大学を決めるきっかけにもなると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

大学入試 センター試験:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shiken.yumedia.net/nyushi/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。