2008年後半〜2009年にかけて不況の波がきています。
そして現在も先が見えない状況が続いていますし、しばらく続くとも言われています。
大企業も先が見えないこと予想して大量の人員削減をしています。
景気悪化が続くと人員削減もさらに多くなるのかもしれません。
解雇されたくないと思う人は資格を取得して自分の能力を上げて会社へ残ろうとするでしょう。
また最近では大学生もすぐに就職するのではなく専門学校に通って技術を習得してから就職先を探す人や大学在学中に専門学校に通う人も多くいます。
大学を卒業しただけでは、解雇された時に転職しようとしても技術がないので困るからでしょう。
最近資格の中でも、社会保険労務士の人気は上がっています。
社会保険は自分自身の生活に直接関わりがあります。
また、新聞でも社会保険の問題がたくさん取り上げられていることも背景にあります。

社会保険労務士資格試験

社会保険労務士の資格を目指す人は合格率の低さにビックリするでしょう。
たしかに国家資格はどの資格も簡単ではありませんが平均して合格率が1ケタという資格は少ないでしょう。

しかし合格率は低いですが受験者数は年々増え続けているのです。
ということは益々難しくなっているということです。
この難関を突破するには勉強しかありません。

さて学生時代に受験勉強をする時に予想問題を数多く解いたことでしょう。
高校受験や大学受験の時も1通り勉強はしますが学校や大学によっては問題の出し方や傾向も違ってきます。

なかには意地悪な出題の仕方をした学校や大学があったかもしれません。
そういう場合は事前に予想問題集等で受験対策をしたことでしょう。

資格でも同様なことがいえるのです。
確かに基礎からはじめてすべて勉強しますが出題の仕方とその年の傾向をつかんでおかないと試験の時に慌てたりするからです。
あらかじめ予想しておけば落ち着いて試験に望むことができますね。

通信制にしても通学制にしても予想が的中している講座をお勧めします。
社会保険労務士の資格であれば、通信制でも通学制でも勉強する内容はほとんど変わりがありません。

テキストの書き方や教材の内容、講師の良し悪しなど一般的に言われている点も注意しないといけませんが、試験問題が予想できていれば合格率も高くなりますし短い時間で的を得た勉強をした方が効率的です。

したがって講座を選ぶ場合は前年の予想が的中したかどうかも注意しましょう。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

社会保険労務士試験:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://shiken.yumedia.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。